バストアップで魅力的なボディライン~男性を虜にする魔法の施術~

レディー

進化したバッグプロテーゼ

女の人

自分の胸のように自然

バストアップのための美容整形法としては、シリコンバッグなどのバッグプロテーゼを挿入する方法が最も長い歴史があります。といっても現在では、固形物以外のものを注入してバストアップする整形法の方が注目度は高いようです。しかし実のところ、バストアップに用いられるバッグプロテーゼは以前のものとは比べものにならないほど進化してきています。昔のバストアップ法で使われていたシリコン性のバッグプロテーゼは、胸に異物が入っているとすぐわかってしまうようなものが多く、パートナーに整形がばれてしまうのではないかと心配したり、あるいは自分自身で感じる違和感に我慢できなかったりするケースが多く見られました。それに対して現代のバッグプロテーゼは手触りも柔らかで、胸に挿入しても違和感を感じにくいタイプのものが主流になっています。バッグプロテーゼを使ったバストアップ整形法では、乳腺下法や大胸筋下法、大胸筋膜下法など、切開する部位が患者によって異なります。不適切な方法を選ぶと外見が不自然になることもあるので、十分に経験を積んだ医師のもとで受けることが何よりも大切です。

マイクロチップ内蔵型も

美容整形クリニックによっては、最新技術によって製造されたバッグプロテーゼを導入してバストアップ施術を行っているところもあります。最新型のバッグプロテーゼはマイクロチップ内蔵型で、施術に関するその患者のデータを記憶する機能を有しています。バストアップ整形をしたことのある人からは、横になったときに胸が自然に流れないのが気になるという声も多く聞かれます。しかしこの最新型のバッグプロテーゼの場合、人が横になったときでも姿勢にともない自然な形に変化するという特長を持っています。初期のシリコンバッグの使い心地がよくなかったために、バストアップ整形術はヒアルロン酸注入や脂肪注入などさまざまな方法に分かれて進化してきました。ところがヒアルロン酸や脂肪を注入する場合、もともと胸にボリュームのない人が大幅にバストアップしたいと希望してもうまくいかないことがあります。ヒアルロン酸は大量に注入するとしこりができることがあり、脂肪注入の場合は本人がやせ型だと十分な量の脂肪が取れないためです。一方、バッグプロテーゼを使ったバストアップ整形の場合には、バッグを調整することで好きなように胸にボリュームを持たせることが可能です。自分にとって適したバストアップ法がわからないという方は、口コミサイトなどの情報を参考に判断してみてもよいでしょう。実際に施術を行った方の体験談などがあれば、その情報を元に実際の施術をシミュレーションすることができます。より具体的にイメージが掴めるため、治療の効果も高くなる可能性があります。