バストアップで魅力的なボディライン~男性を虜にする魔法の施術~

レディー

女性ならではの悩み

カウンセリング

安全なバッグ挿入法

バストアップ術として整形が女性の口コミ情報で話題に挙げられており、特に以前から提案されているのが人工乳腺法と呼ばれるバッグ整形です。バストアップ術では安全性はもちろん、自然なバストを作る条件となる大きさ・形・触り心地に重点を置いた手術が提供されるのが特徴的です。整形術は美容外科で行える内容で、インプラントを挿入するために切開する際、腋窩を基本としているのがポイントとなっており、バストアップさせた痕跡を残したくない場合に優れているのが腋窩部位にあたります。また、インプラント挿入層には、乳腺下や大胸筋下などからの挿入が展開されていますが、女性らしい肉厚な部位となる大胸筋筋膜部分を選択することにより、インプラントのエッジが分かりにくいメリットが挙げられています。また、バッグを挿入した場合、内容物によっては偏りが出ることもあり、術後からはマッサージを行うことが求められており、手を掛けたケアに励むことにより、自然な見た目を長期間保つことができるのも特徴となります。

自然なバストを印象付ける

バストアップ整形術が女性から支持されている理由には、触り心地・大きさ・形の良いバストを実現できるなど、希望する条件やポイントが満たされた手術が提供されているためでもあり、技術者の美的センスやテクニックも反映されています。バッグ挿入法となるバストアップ法が、特に長期間のバストアップの維持に結び付くため、何度もアフターケアに努める手間を省きたい女性たちからも支持されています。現在、品質の良いバッグが多数提供されているものの、日本人女性のバストに適したバッグである必要性が挙げられています。ソフトタッチジェルによるバッグは、マシュマロのような柔らかい触り心地までも実現させられているため、自然な見た目を印象付けられると口コミでも評価されている内容です。さらに近年では、術中に患者自身の目で大きさや位置のチェックを行うなど、左右非対称となるバストに悩む女性にとって、目視できる安全な手術内容も人気を集めている理由として高く評価されています。そのため、医師や麻酔科医など、プロフェッショナルな人材が携わることが求められています。